※【アトピーがよくなる10の基本事項】と題して、アトピーをよくするためには、これだけは基本中の基本!というものをまとめました。

アトピー・プログラムなどでお渡ししている「アトピーを劇的によくするための10のセルフケア」PDFファイルの内容と重複している部分もありますが、セルフケア以前の、基本中の基本について書いています。

 

アトピーのセルフケアの中でも、お風呂問題は意見の分かれる問題の1つです。

こればかりは保湿や、どの塗り薬を使うのかと同様に、その人のライフスタイルや、そのときのお肌の状態によって答えは違うし、季節によっても異なります。
それに私たち日本人にとってお風呂は、ただ単に身体を清潔にするためだけのものでもなかったりするからです。

ですが、私はあえて「お風呂に入る」ことを提唱したいと思います。
(お風呂に入らない派の方、ごめんなさい。)

もちろん、毎日お風呂に入る必要はありません。

お風呂に入ることを進める最大の理由は、「清潔を保つため」だからです。

ただし、お風呂に入るときには注意点が3つあります。

  お風呂の設定温度は42℃以下

熱いお湯が気持ち良いのは入ったその瞬間だけ。
熱いお湯は皮脂を奪い、お肌の乾燥を促進します。
寒い冬でも42℃くらい、暑い夏なら39℃以下ぐらいの設定温度にしましょう。

  長湯は避ける

お風呂に入っている時間が長ければ長いほど「皮脂が奪われる」と思っておいた方が賢明です。
アトピー性皮膚炎の方の皮膚は健康な肌の持ち主よりお肌のターンサイクルが早い、と言われています。

一般的に長湯をする目的の1つは、湯の温熱により肌の新陳代謝を促してお肌のターンサイクルを促し、美肌を作るためと思うのですが、アトピーの場合に限ってはマイナスに作用することがあります。

シャワーでも十分ですが、お風呂のリラックス効果も捨てがたいので5分以内なら、お湯につかるのは構いません。

アトピーの方で長湯が好きな方の目的は、冷えの解消、疲労の回復、リラックスしたい、汗をかきにくいために汗をかいてデトックスしたいなどのはず。
それならば、足湯でも十分に効果を得ることが可能です。
保温が可能な足湯器ならば、30分でも1時間でも長湯を楽しめ、なおかつお肌への負担は最小限に抑えることができます。

  石鹸は使わないか、使用する場合は天然油脂由来のものを使う。

汗水垂らして仕事をするような職種の方でもなければ、身体の汚れはお湯で80%落ちると言われているので石鹸を使用する必要はありません。
アトピーの原因の1つに過剰に清潔にし過ぎるライフスタイルがあります。

石鹸を使うのは陰部や皮脂の分泌の多い部位のみで十分です。

ただし、体育の授業や課外活動で大量に汗をかいている子どもたちは、適宜、石鹸を使って身体を洗ってあげましょう。

石鹸は高価なものを買う必要はありませんが、天然油脂由来のものを選ぶようにしましょう。
手作りするのもおススメです。

アトピーの方にとって入浴問題は、重要なテーマの1つ。

脱入浴を提唱される方の理論も分かります。

この数年、私はネパールへボランティアへ行っています。

湯船につかる、という習慣のない、シャワーすら毎日浴びない文化の国でしたが、アトピー患者は1人も見かけませんでした。

キレイなお肌を保つためには皮膚の常在菌と仲良く共存することが必要ですが、ネパールの人たちは自然に菌たちと共存生活しているため、強くて丈夫な皮膚を作っているのだと推察しています。

 

Follow me!