※【アトピーがよくなる10の基本事項】と題して、アトピーをよくするためには、これだけは基本中の基本!というものをまとめました。

アトピー・プログラムなどでお渡ししている「アトピーを劇的によくするための10のセルフケア」PDFファイルの内容と重複している部分もありますが、セルフケア以前の、基本中の基本について書いています。

アトピーを治すために、塗り薬をぬったり、お茶を飲んだり、特別なことをする前に、まず心掛けて欲しいことがあります。

対策をしないことと、変えられることを変えようとしないことは違います。

アトピーをよくするために必要なことは突飛なことでもなく、お金をかけまくることでもなく、労力をかけすぎることでもなく、偏っていることでもなく、状況を見極め、いたって正論で当たり前のような王道を淡々とこなすことだからです。

本日は、ハウスダスト対策

アトピー性皮膚炎の方がアレルギー検査をすると、かなり高い確率でハウスダストの項目に高い数値がつくことからも分かるように、ダニやほこりといった日常生活に溢れているものが皮膚を刺激し、痒みの原因になることがあります。

1日に3回も4回も掃除機をかけたり、雑巾がけをする必要はありませんが、1日1回、掃除機をかけるくらいは習慣にした方が良いでしょう。

 

アトピーの重症期は窓を閉め切った部屋に引きこもりがちになります。

部屋の空気は酸素濃度が下がり、新しく健康で丈夫な皮膚を作るエネルギーが作り出されにくくなるばかりか、ダニ達にとっては嬉しい環境づくりを知らず知らずの内にしてしまっていることも・・・・

 

1日1回は窓を全開にして、部屋の空気を入れ替えましょう。

アトピーでない人に比べると寝汗をたくさんかく人も多いので、布団干しも必須です。
折りたたみベットや、すのこベットにして風の通りをよくしておくとか、布団乾燥機を活用するなどしてダニ対策をしましょう。

そして布団をしっかり乾燥させた上で、布団に掃除機かけてダニの死骸を除去する。
ここまでやれると完璧です。

 

 

 

 

 

 

布団のシーツも小まめに洗うのも良いですね。

シーツの素材は、もちろんコットン100%を推奨します。

お掃除や布団干し、シーツを洗う頻度はについてですが、こういうことってやらない人はやらないらしいですね。
お掃除も月に1回するかしないか、下手したら半年に1回とか、「布団を干す」という発想すらない人もいるそうでビックリしてしまいます。

強い皮膚にはそれなりの常在菌がいて、皮膚の防御機構をサポートしてくれているのですが、野山のきれいな空気の中、自然の土や泥の中にいる菌たちと、汚い汚部屋にいる菌たちは、やっぱり種類が違う気がします。

冒頭でも書きましたように、1日に3回も4回も掃除機をかけたり雑巾がけをしなくてもいいんです。
掃除機は基本毎日、雑巾がけは週に1・2回、布団干しは週に2・3回ぐらいでいかがでしょうか?

「アトピーのためにやることが増えて、それがストレス!!」というお気持ちもよく分かります。

今の自分にできることでいいんです。

 

どうぞ自分が負担を感じることなく続けられるやり方を見つけてくださいね。

Follow me!