大阪市東住吉区 女性鍼灸師 アトピー治療 不妊治療 沙羅鍼灸院

症例│脱毛症

鍼灸は肩こり・腰痛に効く、ぐらいの認識の方が多いようですが、
 
実は鍼灸の適応症は実に多様でさまざまです。
 
 
そこで当院で鍼療する機会のあった症例の中からいくつかご紹介します。
 
 
尚、ここでご紹介する症例の内容はすべて、
 
当院で実際に鍼療を行った内容であることを、ここに明記しておきます。

 

脱毛症

 主訴

脱毛症。

妊娠希望。

 患者

女性 32歳

 経過

平成22年3月初診。

1年半前から後頭部に脱毛部位があることを発見。

3か月ほど前から抜け毛が増え、脱毛面積が広がる。

皮膚科に通院して局所のステロイド注射をするなどの治療を受けている。

不眠。夜間頻尿。アトピー性皮膚炎。

 既往症

小学生の頃に骨折。

ときどき生理がなくなる。体重が減った時期と一致。

 治療

腎虚証として、陰きょう脈の照海、尺沢、関元などに置鍼。天ゆう、頭維などの局所にも置鍼。

背部は反応の出ている兪穴と、天柱、風池に置鍼。

志室、膀胱兪に温灸。

 考察

前髪部と顔周り全体に生え際が後退している印象があり、

後頭部には小さな円形脱毛がいくつも認められた。

妊娠希望ではあったが、2回の治療で妊娠してしまったのには術者も驚いた。

妊娠中であっても鍼灸治療は問題ないのだが、

妊娠初期は早期流産を誘発する可能性がない訳でもない。

その旨ご説明し、 安定期に入ってから治療を再開してもらった。

円形脱毛は2回の治療でなくなったが、抜け毛は多かった。

平成22年11月に無事女児を出産。

産後はしばらく治療を休み、平成23年4月より再開。

数回の治療で円形脱毛はなくなり、2か月ほどで生え際に産毛が生えてきて、抜け毛も減ったので治療を休む。

平成23年12月に2人目を妊娠希望して再来院。

1回の治療でまたもや妊娠。

翌年1月胎児の心臓音を確認して一旦治療は終了。

脱毛症は抜け毛が多少気になるものの、以前より髪の量も増え、一見して全く分からない。

脱毛症にも色々あるが、円形脱毛症は鍼灸でよくなることが多い。

女性の場合はホルモンバランスの崩れやストレスで脱毛症になることが多いので、

ライフスタイルや環境を見直すことも大切である。

 

contact_txt
PAGETOP
Copyright © 沙羅鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.