>>>アトピーをよくするための基礎セミナーの情報はコチラから。

 

アトピー性皮膚炎の当事者にとって夏は汗による痒みが辛い季節ですが、体温調節のためにも、アトピーをよくするためにもかいた方がいいのが「汗」

 

汗をかいても、さっと水で流したり、ぬれタオルでひと拭きするだけで、すーっと痒みが治まります。

困るのは外出先で汗だくになり、耐えられないほどの痒みに襲われたとき。

そんなときのために、おしぼりをジップロックやタッパーに入れて持ち歩いている、という方も多いのではないでしょうか?

 

当院では、おしぼりなどを携帯されていない方のために、1つ1つ個包パックされた100%コットンの“清浄綿”をご用意しております。

 

当院でご用意している清浄綿は、塩化ベンザルコニウム0,01%が含まれておりますが、消毒液として使用する場合に比べると10分の1程度の濃度になっており、アトピーのお肌にも優しい配合量になっています。

 

清浄綿を使用する目的は消毒ではなく、汗を拭きとることで汗による痒みを軽減したり、黄色ブドウ球菌などの雑菌の繁殖を予防するため。

低濃度とはいえ、塩化ベンザルコニウムという化学物質が含まれているため、度重なる頻回の使用はおすすめできませんが、外出中の緊急時には強力なお役立ちアイテムになります。

 

鍼灸治療を受ける前に、汗や臭いが気になる方も、どうぞお気軽にご利用くださいませ。

 

Follow me!