※【アトピーがよくなる10の基本事項】と題して、アトピーをよくするためには、これだけは基本中の基本!!というものをまとめました。

アトピー・プログラムなどでお渡ししている「アトピーを劇的によくするための10のセルフケア」PDFファイルの内容と重複している部分もありますが、セルフケア以前の、基本中の基本について書いています。

 

認知療法の手法のひとつに「書き出す」というものがあります。

こちらは、私が10年以上も前に記録していたもの。

 

自分の状態や治療効果などを、冷静に、客観的に理解するためにも一端整理する必要がある、と思い、このような記録をつけておりました。

これが効果絶大なんです。

もしあなたが今、アトピーがなかなかよくならなくて悩んでおられるとしたら、一度このように治療記録、名づけてアトピー・ノートをつけてみることを、心からおススメいたします。

気持ちの整理にもなりますし、意外な原因が見つかったり、よくなる兆候が見えてきたりして、前向きにアトピーと向かい合うきっかけになります。

 

 

アトピー・ノートを書きだす前に、まず初めにやっていただきたいのは、

「アトピーがなかったら何がしたかったか」

「今、アトピーであっても、本当は何がしたいのか」

を書きだすことです。

 

理想の自分の姿を書いてみる。

 

イメージしやすいように絵を書いたり、憧れの有名人の写真を貼ったり、具体的に言葉や数字を入れるのも良いですね。

どうしても書けないときは、自分がどんな気持ちでいたいのかをイメージするだけでも大丈夫です。

 

ちなみに私が最初のアトピー・ノートを作ったときに描いた自分の理想の姿は、

「ちょっとくらい出てても良いから、アトピーにわずわされないで生活できる。」でした。

笑ってしまうくらい理想が低いですね。笑。

でも、アトピーに悩まされている期間が長ければ長いほど、このおそろしく低い理想が切実な願いなのです。

 

実際に今の私は、このときの理想通り、多少の症状が出ることはあってもアトピーにわずらわされず、快適でハッピーな毎日を送っています。

アトピー・ノートに書き出す内容は、以下の8つ。

①病院で出されている薬 

(いつ・どこで・誰に処方されたかも記録)

 
②アトピーのためにしていること 
 

(お茶・保湿剤・衣類に関すること・病院以外の治療など具体的に)

③痒み記録

 (いつ・どこで・どの程度・どんなシチュエーションで)

④睡眠時間と睡眠の質

 (何時に起きて、何時に目が覚めたか、夢をみたか否か、目が覚めた回数と間隔)

  
⑤食事内容

 (朝・昼・晩・間食・飲みもの等、口に入れたものすべて)

⑥便の状態と残便感の有無

 (硬い・やわらかい、色が濃い・薄い、水分が多い・少ない)

⑦朝と晩の体温

⑧心の状態

 (気分のボルテージを5段階に分けて書く

嬉しい・悲しい・怒り・不安・悩み・恐れ・驚きの7つの感情のどの感情が強かったか)

 

①と②をまず書き出し、

変更があれば随時書き換えます。

③~⑧は、日記のように毎日書き出しましょう。

過去を振り返る必要はありません。

アトピー・ノートは今現在の状態を把握して、
今これからの未来のために書くものだからです。

 

何事も目的(アトピーをよくする)を達成するためには、現状把握が大事。

現状を把握をすることで、アトピーをするために何が必要か、どんなセルフケアをすればいいのかが見えてきます。

 

後は実践するだけ、

アトピーがよくなるだけ、ってこと!!

 

ぜひ、やってみてください。

 

Follow me!